郵便料の現金予納のお願い(盛岡地方裁判所本庁執行係)

   盛岡地方裁判所第2民事部執行係では,次のとおり,一部の事件については,申立て時に必要な郵便料(予納郵券)を現金で予納することができます。
  ・ 不動産競売事件…令和3年10月1日以降,現金予納が可能
  ・ 財産開示手続,第三者からの情報取得手続…令和4年1月1日以降,現金予納が可能
  現金で予納すると,事件終了後に郵便料が残った場合,あらかじめ指定された口座(保管金提出者と還付先口座名義は同一人に限ります。)に振り込む方法により還付を受けることができます。つきましては,下記事項を御一読の上,郵便料の現金予納にご協力をお願いいたします。
  ※ 郵便料の現金予納が可能なのは,盛岡地方裁判所本庁のみです。盛岡地方裁判所管内各支部の執行係では郵便料の現金予納はできませんのでご注意ください。

1  予納金額
  (1) 不動産競売(現況調査手数料,評価料,売却手数料,郵便料金等)
       不動産1個の場合…46万円
       不動産2個以上の場合…1個増すごとに5万円ずつ加算
      (物件の種類等によって,予納金額が増額になる場合があります。)
  (2) 自動車競売(評価料,売却手数料,郵便料金等)
        自動車1台につき…11万円
  (3) 財産開示手続(郵便料金)
        7,000円
  (4) 第三者からの情報取得手続
       ア  不動産情報  1件6,000円(郵便料金)
       イ  勤務先情報  1件6,000円(郵便料金)
            第三者が1名増えるごとに2,000円ずつ加算
       ウ 預貯金情報等 1件5,000円(郵便料金,第三者に対する報酬)
            第三者が1名増えるごとに4,000円ずつ加算
        ※ 手続の進行過程で不足が生じた場合は,追加納付をお願いすることになります。

2  予納の方法
    郵便料金を含む民事執行予納金額を記載した保管金提出書を交付(送付)しますので,電子納付,銀行振込,窓口納付のいずれかの方法にて予納してください。

    →保管金の納付は電子納付が便利です(PDF:300KB)

3  郵便料の還付
    予納時に提出した保管金提出書の「還付先の振込先等」欄に記載された口座に振り込む方法により還付します。

4  手続にあたって注意していただきたいこと  
    申立書提出時には,保管金提出書用紙等の送付用として,84円切手及び申立人宛返信用封筒を添付してください。
    ※電子納付の場合は,保管金提出書のファクシミリ送付が可能です(切手及び返信用封筒不要)。

◎お問い合わせ先
    盛岡地方裁判所第2民事部執行係 019-622-3286