東京高等裁判所長官

東京高等裁判所長官

中村 愼(なかむら まこと)
(生年月日 昭和36年9月12日)

写真:東京高等裁判所長官 中村 愼

略歴

 昭和63年に裁判官に任官し、東京地裁、大阪地裁、最高裁、国際連合日本政府代表部などで勤務しました。近年の略歴は、次のとおりです。

平成24年12月
東京地方裁判所判事(部総括)
平成25年9月
最高裁判所総務局長
平成30年9月
水戸地方裁判所長
令和元年9月
最高裁判所事務総長
令和4年6月
東京高等裁判所長官

ご挨拶

 令和4年6月24日付けで、東京高等裁判所長官に就任いたしました。

 裁判所の責務は、一件一件の事件に誠実に対応し、質の高い司法サービスを提供することによって、国民の権利の擁護と法秩序の維持を図ることであると思います。知的財産高等裁判所並びに管内各地方裁判所、家庭裁判所及び簡易裁判所の営みを通じて、地域ごとの特徴と実情を踏まえた司法サービスを提供できるよう、その環境整備に努めていきたいと考えています。

 社会の各分野でデジタル化が急速に進展しています。裁判所においても、各種裁判手続のデジタル化を進めており、デジタル技術の特性を有効に活用しながら、利用者・国民の皆様の利便性の向上を図るとともに、不断の審理運営改善により司法サービスの質を一層高めていく努力が求められます。時代の変化に対応し、信頼される裁判所であり続けられるよう、職員一同とともに取り組んでいきたいと思います。

 一昨年から続く新型コロナウイルス感染症については、近時感染者数が落ち着きつつありますが、皆様が安心して司法サービスを受けることができるよう、不織布マスクの着用、人と人との距離の確保などの基本的な感染防止対策を引き続き徹底してまいります。利用者の皆様のご協力に感謝申し上げるとともに、今後とも引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

 日々誠実を旨として力を尽くす所存です。どうぞよろしくお願いいたします。