福井地方,家庭裁判所長

福井地方・家庭裁判所長

村野 裕二(むらの ゆうじ)
昭和34年8月31日生

写真:村野 裕二

昭和63年4月に東京地方裁判所判事補として任官し,その後,福井地方・家庭裁判所,鹿児島地方・家庭裁判所川内支部,東京地方裁判所,金沢地方・家庭裁判所七尾支部,名古屋地方裁判所,札幌地方・家庭裁判所,札幌高等裁判所と異動しました。近時の経歴は次のとおりです。

平成22年4月
名古屋家庭裁判所 判事(部総括)
平成24年4月
静岡地方・家庭裁判所 判事(部総括)
平成27年4月
名古屋地方裁判所 判事(部総括)
令和3年3月
福井地方・家庭裁判所長

【御挨拶】

 私は,昭和63年に裁判官になり,平成2年4月に福井に赴任しました。その後,北陸関係では,能登半島の七尾・輪島・珠洲にも赴任し,今回,再び福井での勤務が実現しました。北陸は,生活する楽しみを学んだ地でもあり,ワークライフバランスを考えていくのに格好の所だと思っています。

 現在,IT機器の普及や新型コロナウィルスの感染防止対策を契機として,裁判所の執務を見直す作業が進められています。IT機器は,情報コミュニケーションツールとして広く社会に普及し,距離的制約や時間的制約を超えて情報の交換を可能にしています。

 北陸は,関東や関西等の大都市圏と一定の距離がある地域ですが,住んでいる方の満足度の高い地域でもあります。その地域で生活しつつ,何処にいても,いつでも,充実した審理や話合いができれば,司法サービスの理想といえます。将来のことにはなりますが,そんな在り方を,ここ福井で考えていけたらと思っています。