家庭裁判所の手続

1 案内等

【家事手続案内】

1. 概要

家庭内・親族間の紛争や相続問題等について,家庭裁判所を利用する場合の申立手続の概要,申立書の記載方法などの案内を行っています(「離婚した方が良いのかどうか。」,「慰謝料を取れるのかどうか」,「養育費はどの程度もらえるのか」などといった,法律相談や身上相談は行っておりません)。費用は無料で予約も必要ありませんが,1回あたり20分程度が目安となります。

2. 開庁時間

 月曜日から金曜日(祝祭日及び年末年始を除く。)の午前8時30分から午後5時00分までです。手続案内を受けたい方は,午前8時30分から午前11時45分までと午後1時から午後4時30分までにご来庁ください。

【ご注意】

1. 非開示の希望に関する申出書について

 裁判所に提出する書類等のうち,相手方等に知られたくない情報があり,家庭裁判所が見る必要がないと思われる部分はマスキング(黒塗り)をして提出することになります(例えば,住所を知られたくない場合には源泉徴収票上の住所を黒塗りするなどが考えられます。)。しかし,マスキング処理をすることができない書面については,下記3書式の「非開示の希望に関する申出書」に必要事項を記入し,この申出書の下に当該書面をステープラー(ホチキスなど)で付けて一体として提出してください。
 この申出書を付けて提出された書面について,他方当事者から,閲覧・謄写(コピー)の申請がされた場合には,裁判官が,同申出書に記載されている理由や開示によって円滑な話合いを妨げるおそれがないか等の事情を考慮して,申請を許可するかどうかを判断することになります。そのため,この申出書が付けられている書面であっても,閲覧謄写が許可される可能性がありますが,この申出書が付けられていない場合には,非開示の希望がないものとして取り扱うことになりますので,ご留意ください。
申出後に資料や書面を提出する時には,ご自身で非開示希望情報(またはそれを推知させる情報)が当該書面等に含まれていないかを確認し,もし非開示希望情報が含まれている場合には,マスキング処理をした上で提出していただく必要があります

2 予納郵便切手額一覧表

3 書式

<家事関係>

<後見関係>

4 相続放棄・限定承認の申述の有無の照会について

相続放棄・限定承認の申述の有無の照会の手続きについては,こちら(PDF:240KB)をご覧ください。