津地方・津家庭裁判所長

津地方・家庭裁判所長
吉村 典晃(よしむら のりあき )

生年月日 昭和35年5月13日
出身地 岐阜県

写真:津地方・家庭裁判所長 吉村典晃

略歴

 昭和61年4月に東京地方裁判所判事補として任官し,その後,司法研修所,東京地方裁判所,札幌地方・家庭裁判所,最高裁判所,東京地方裁判所,那覇地方裁判所,東京地方裁判所,司法研修所,法務省,東京高等裁判所と異動しました。近時の経歴は次のとおりです。
平成21年4月 東京地方裁判所判事
平成22年1月 東京地方裁判所判事(部総括)
平成26年4月 千葉地方裁判所判事(部総括)
平成29年4月 横浜地方・家庭裁判所川崎支部長
平成30年1月 広島家庭裁判所長
令和 2年4月7日 津地方・家庭裁判所長

ごあいさつ

令和2年4月7日付けで,津地方家庭裁判所長になりました。津の裁判所では,民事事件,刑事事件,家事事件,少年事件など,いろいろな事件を扱っています。社会が変化し,価値観も多様化する中で,国民のみなさんがその時々に裁判所に求めるニーズをきちんと把握し,これに的確に応えて答えていくことが重要であると思っています。
 三重県を含め,東海地方で勤務することは初めてです。もっとも,高校時代まで,岐阜市で育ちましたので,子供のころ,三重県のいくつかの遊興施設などに遊びに来た記憶があります。
 また,最近は,街道歩きや城巡りなど,歴史に関する場所を訪れることを趣味としています。数年前に東海道を歩いた際には,桑名の港から,四日市,亀山などを経て鈴鹿山脈を越えました。今回,津で勤務する間に,伊勢街道等を歩いてみたいと思っています。
 皆さんの期待に応えられる裁判所となるように務めていきたいと考えていますので,よろしくお願いいたします。