静岡地方裁判所長

静岡地方裁判所長

三角 比呂(みすみ ひろ)
(昭和35年7月15日生)

写真:静岡地方裁判所長  三角比呂

略歴

 昭和61年に大阪地方裁判所判事補として裁判官に任官し,その後,宇都宮,青森,福島の裁判所等で勤務しました。最近の略歴は次のとおりです。

平成19年3月
仙台高等裁判所事務局長
平成23年7月
東京地方裁判所判事(部総括)
平成26年6月
司法研修所教官
平成30年7月
静岡地方裁判所長

御挨拶

 裁判官としてはこれまで民事事件を主に担当しており,前任は司法研修所の教官として,裁判官研修を担当していました。

 神奈川県の出身で隣県ではありますが,静岡県の裁判所で勤務するのは初めてです。静岡県は,歴史も深く,自然に恵まれ,温暖で,食べ物もおいしい印象があり,そのような場所で生活をし,仕事ができることを大変喜んでおります。

 静岡では,本庁と2つの支部の計3か所で裁判員裁判を行っており,これまでの県民のみなさんの真摯な取組とご協力に改めて感謝したいと思います。裁判官をはじめとする職員が,本庁・支部を含めて一丸となり,それぞれの課題と向き合い,地域に根差しながら,公正で迅速な裁判や紛争解決を目指すための環境づくりに努めていきたいと考えています。