簡易裁判所における民事調停

1. 簡易裁判所における民事調停手続

裁判所の調停委員会のあっせんにより,紛争を話合いにより適切に解決しようという制度で,調停でまとまった内容は,判決と同様の効力があります。相手方との間に話合いの可能性がある場合は,この手続によることが考えられます。

 調停では,金銭や土地・建物,交通事故,クレジット・サラ金に関する紛争などを取り扱います。

 金銭の借入れや物品の購入が増えるなどして,約束どおりに支払っていくことができなくなったため,債権者と話し合って返済の方法を調整したいという場合は,特定調停という手続もあります(ある程度資力があり,返済を続けていくことが前提となります。)。

2. 必要書類等

民事調停を申し立てる際に必要なものは事件ごとに異なりますが,共通するものは次のとおりです。

  • 申立書2通(裁判所用と相手方に送る分)
  • 証拠書類があれば,そのコピー各2通(  〃  )
  • 収入印紙
    • 一般調停の場合 請求する額によって金額が異なりますので,窓口でお尋ねください。
    • 特定調停の場合 1件につき500円(申立人が法人の場合は金額が異なることがありますので,窓口でお尋ねください。)
  • 郵便切手
     当裁判所の予納郵券内訳基準表をご参照ください。
  • このほか,
    当事者が法人の場合は,代表者の資格証明書または登記簿謄本
    当事者が未成年の場合は,戸籍謄本
    請求が不動産を目的とする場合は,固定資産評価証明書及び登記簿謄本
    が必要になります。