判決等はもらったけれど(強制執行の概要)

「判決等はもらったけれど・・・・・!?」とお困りの方に

1. 相手が支払等をしてくれない!!

お金の支払,建物の明渡し,物の引渡し等が記載された債務名義(判決,和解調書,調停調書,仮執行宣言付支払督促等のことをいいます。)をもらったのに,相手が支払や明渡し等をしてくれないときには,その債務名義に基づいて強制執行(差押等の手続)の申立てをすることができます。

2. 強制執行の種類

強制執行は,差押等を行う目的の財産によって分けられますが,その大まかな種類は,次のとおりです。

強制執行

不動産・自動車
 相手の土地,建物等の不動産や自動車を差し押さえて売却し,その代金を債権回収に充てる。
給料,預貯金等
 相手の給料,賃金,預金等を差し押さえて,それを雇主,賃借人,銀行等から取り立てて債権回収に充てる。
家財道具等
 相手の家財道具,商品類,貴金属等を差し押さえて売却し,その代金を債権回収に充てる。
建物明渡し等
 執行官が強制的に建物の明渡しや物の引渡し等を行う。

(注)差押えを行う相手の財産は、自分で探す必要があります。
また、財産が見つかったとしても、価値が低い場合等は費用倒れになることもありますので、申立てに当たっては十分な調査と検討が必要です。

3. 強制執行の申立て前に必要なこと

強制執行の申立てを行う前におおむね次の(1),(2)の手続が必要となります。

図:強制執行の申立て前に必要なこと。債務名義が訴訟事件や調停事件や少額訴訟事件の場合(1)債務名義の送達申請(2)債務名義の執行文付与申請、債務名義の送達証明申請。債務名義が少額訴訟事件や支払督促事件の場合、債務名義の送達証明申請

申請書の書式はこちらです。

お問い合わせ先

(1) 債務名義が地方裁判所で作られたものについては,仙台高等・地方裁判所合同庁舎1階の民事訟廷事務室又は各支部の民事係

(2) 債務名義が簡易裁判所で作られたものについては,仙台家庭・簡易裁判所合同庁舎1階の簡裁受付センターの民事訟廷係又は各簡易裁判所の民事係

4. 強制執行の申立てを行うには?

申立書を作成し,必要書類(前記3で交付を受けた証明書等を含む。)及び収入印紙や切手等を添えて,裁判所にある各窓口に提出することになります。

お問い合わせ先

(1) 不動産,自動車については,仙台高等・地方裁判所合同庁舎2階の第4民事部不動産執行係又は各支部の不動産執行係

(2) 給料,預金等については,仙台高等・地方裁判所合同庁舎2階の第4民事部債権執行係又は各支部の債権執行係又は各簡易裁判所の少額訴訟債権執行係

(3) 家財道具等及び建物明渡し等については,仙台高等・地方裁判所合同庁舎1階の執行官室又は各支部の執行官室