成年後見制度の利用に関する手続案内

1. 仙台家庭裁判所本庁へ申立てをする場合は,後見制度の概要や審判手続の流れ,成年後見人等の職務内容などについて理解していただくため,申立ての前に,必ず後見制度の手続案内ビデオを視聴していただいております。

ビデオ視聴に要する時間は,およそ30分です。ビデオを視聴される方は,家庭裁判所の業務時間内であれば随時受け付けていますので,仙台家庭裁判所1階後見センターにお越しください。予約の必要はありません。

なお,ビデオを視聴することなく申立てをされた方には,面接日の当日等に視聴していただくことがあります。

2. 手続案内ビデオを視聴しましたら,申立て手続等に関して手続案内をします。こちらも予約の必要はありません。また,手続案内は無料です。
なお,この手続案内は,あくまで手続に関するものなので,「後見制度を利用すべきか。」や「後見人等をだれにしたらよいか。後見人の報酬はいくらか。」といった判断を伴うことを相談することはできません。

3. 申立書類の作成に当たっては,仙台家庭裁判所に備付けの申立書類を御利用ください。
申立書類は,後見・保佐・補助開始の審判申立てページからダウンロードするか,仙台家庭裁判所1階後見センターの窓口で交付を受けてください。

4. 申立書類を作成する前に医師の診断書を準備してください。
成年後見制度を利用するには,医師の診断書(仙台家庭裁判所所定の用紙に記入したもの)が必要です。医師に診断書の作成を依頼する際には,次の書類すべてを医師に提出してください。

5. 後見開始の申立てに限り,面接の予約が必要です。
仙台家庭裁判所後見センターでは,申立てに必要な書類がすべて整ったら面接をするための日時を電話でご予約いただいております。面接は,2時間程度です。
予約しましたら,その面接日の3日前(土日休日除く。)までに,申立書類一式(収入印紙や郵便切手含む。)を当センターに提出していただくようお願いしています。
詳細は,「後見開始の申立てをされる方へ(ご予約のお願い)」(PDF:162KB)をご覧ください。

予約電話番号:022-745-6090
「後見の面接の予約」と告げてください。

成年後見人が使用する各種申立書式

1 成年被後見人に宛てた郵便物等の回送嘱託の申立て

2 成年被後見人に宛てた郵便物等の回送嘱託の取消し・変更の申立て

3 成年被後見人の死亡後の死体の火葬又は埋葬に関する契約の締結その他相続財産の保存に必要な行為についての許可の申立て

成年後見人等が使用する報告書書式

1 後見事務報告書(親族後見人用)

2 保佐,補助事務報告書(親族保佐人用・補助人用)(代理権あり)

保佐,補助事務報告書(親族保佐人・補助人用)(代理権なし)