労働審判員

労働審判員は,労働審判官(裁判官)と共に労働審判事件を処理する労働審判委員会のメンバーとして,中立かつ公正な立場で労働審判手続に関与し,労働関係に関する専門的な知識と経験を活用して,個別労働紛争の解決に当たります(労働審判法第1条,第7条,第9条)。

具体的には,労働審判員は,労働審判委員会の一員として,労働審判手続の期日に出席し,当事者の言い分を聴いてこれを整理し,争いのある事実について必要な証拠調べを行い,話合いによる解決ができそうであれば,調停を試みます。調停による解決に至らない場合,労働審判員は,評決権を持って,労働審判を行うための評議に参加し,労働審判委員会は,審理の結果認められた当事者間の権利関係と手続の経過を踏まえ,紛争の実情に即した解決を図るために必要な労働審判を行います。この場合,労働審判委員会の決議は,過半数の意見によります(労働審判法第12条第1項)。

なお,労働審判員は,非常勤の裁判所職員であり,実際に担当した労働審判事件の処理状況を考慮して手当が支給されるとともに必要な旅費や日当が支給されることになっています(労働審判法第9条第4項)。

労働審判員は,労働関係に関する専門的な知識経験を有する者の中から,あらかじめ最高裁判所によって任命され(労働審判法第9条2項),個別の事件ごとにその事件が係属する裁判所により指定されます(労働審判法第10条)。労働審判員が有する「労働関係に関する専門的な知識経験」とは,労働者又は使用者の立場で実際に労働紛争の処理等に携わった経験及びそうした経験を積むうちに身につけた労働関係についての実情や慣行,制度等の知識をいいます。

  1. 裁判手続案内
    1. 裁判所が扱う事件
      1. 民事事件
      2. 刑事事件
      3. 家事事件
      4. 少年事件
    2. 裁判の登場人物
      1. 民事事件の登場人物
      2. 刑事事件の登場人物
      3. 家事事件の登場人物
      4. 少年事件の登場人物
      5. 裁判官
      6. 裁判所書記官
      7. 家庭裁判所調査官
      8. 裁判所速記官
      9. 司法委員
      10. 参与員
      11. 調停委員
      12. 労働審判員
      13. 執行官
      14. 検察官
      15. 弁護士
      16. 司法修習生
      17. 通訳人
    3. 裁判手続についてのQ&A
      1. 裁判手続 民事事件Q&A
      2. 裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A
      3. 裁判手続 刑事事件Q&A
      4. 裁判手続 家事事件Q&A
      5. 裁判手続 少年事件Q&A
    4. 裁判の話題
      1. 簡易裁判所で民事トラブル解決ー4つの手続ー
      2. ご存じですか? 簡単に手続できます 裁判所の民事調停
      3. そのお悩み,裁判所の調停で解決しませんか?(調停制度発足100周年)
      4. 調停の歴史(調停制度発足100周年)
      5. テレビ会議がもっと便利に!
      6. 専門委員制度について
      7. 少年審判における被害者のための制度
    5. 裁判手続を利用する方へ
      1. 裁判所の管轄区域
      2. 各種パンフレット
      3. 訴訟手続その他の裁判所の手続における個人番号(マイナンバー)の取扱いに関する留意点について
      4. 手数料
    6. 申立て等で使う書式
      1. 民事訴訟・少額訴訟で使う書式
      2. 民事調停で使う書式
      3. 支払督促で使う書式
      4. その他の書式(簡裁民事事件関係)
      5. 家事審判の申立書
      6. 家事調停の申立書
      7. 人事訴訟で使う書式
    7. オンライン手続き
      1. 保管金の電子納付について
      2. 民事裁判書類電子提出システム(mints)について
    8. 後見ポータルサイト
      1. 成年後見制度について
      2. 未成年後見制度について
      3. 後見制度支援信託について
      4. 後見監督について
      5. 資料・ビデオ
      6. よくある質問
      7. 手続案内及び各種書式
      8. 関連サイトへのリンク