司法委員

簡易裁判所の民事訴訟では,一般市民の中から選ばれた司法委員に加わってもらい,その豊富な経験や専門知識,健全な良識を争いの解決に生かしています。

司法委員は,裁判官が和解を試みるときにその補助をしたり,審理に立ち会って,裁判官に,参考となる意見を述べたりします(民事訴訟法第279条第1項)。和解を補助する場合には,その社会経験を生かして,どのような内容の和解をすれば争いが抜本的に解決するかなどについて裁判官に助言したり,裁判官と共に当事者への説明や当事者の説得に当たったりします。また,審理に立ち会う場合には,一般市民の良識や知識,経験に基づき,証人の証言が信用できるかどうか,事件の見方などについて,裁判官に意見を述べることになります。この意見は,あくまで参考意見なので,最終的には裁判官が判断することになります。

司法委員は,毎年あらかじめ地方裁判所が「司法委員となるべき者」として選任している人の中から,個別の事件ごとに簡易裁判所が指定することによってその身分を取得します(民事訴訟法第279条第3項)。選任されるために特別な資格などは必要なく,社会人としての健全な良識のある人の中から選任されます。弁護士や大学法学部教授などが選任されることもありますが,法律知識の有無とは関係なく,地域の事情に詳しい人や,医学的知識や不動産の鑑定に関する知識を持っている人なども選任されていて,平成17年現在,全国で約6,000人の司法委員となるべき人がいます。

なお,司法委員は個別の事件ごとに指定されるものであり,非常勤の裁判所職員です。実際に司法委員に指定されて事件に関与した場合には,必要な旅費や日当が支給されることになっています(民事訴訟法第279条第5項)。

  1. 裁判手続案内
    1. 裁判所が扱う事件
      1. 民事事件
      2. 刑事事件
      3. 家事事件
      4. 少年事件
    2. 裁判の登場人物
      1. 民事事件の登場人物
      2. 刑事事件の登場人物
      3. 家事事件の登場人物
      4. 少年事件の登場人物
      5. 裁判官
      6. 裁判所書記官
      7. 家庭裁判所調査官
      8. 裁判所速記官
      9. 司法委員
      10. 参与員
      11. 調停委員
      12. 労働審判員
      13. 執行官
      14. 検察官
      15. 弁護士
      16. 司法修習生
      17. 通訳人
    3. 裁判手続についてのQ&A
      1. 裁判手続 民事事件Q&A
      2. 裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A
      3. 裁判手続 刑事事件Q&A
      4. 裁判手続 家事事件Q&A
      5. 裁判手続 少年事件Q&A
    4. 裁判の話題
      1. 簡易裁判所で民事トラブル解決ー4つの手続ー
      2. ご存じですか? 簡単に手続できます 裁判所の民事調停
      3. テレビ会議がもっと便利に!
      4. 専門委員制度について
      5. 少年審判における被害者のための制度
    5. 裁判手続を利用する方へ
      1. 裁判所の管轄区域
      2. 各種パンフレット
      3. 訴訟手続その他の裁判所の手続における個人番号(マイナンバー)の取扱いに関する留意点について
      4. 手数料
    6. 申立て等で使う書式
      1. 民事訴訟・少額訴訟で使う書式
      2. 民事調停で使う書式
      3. 支払督促で使う書式
      4. その他の書式(簡裁民事事件関係)
      5. 家事審判の申立書
      6. 家事調停の申立書
      7. 人事訴訟で使う書式
    7. 後見ポータルサイト
      1. 成年後見制度について
      2. 未成年後見制度について
      3. 後見制度支援信託について
      4. 後見監督について
      5. 資料・ビデオ
      6. よくある質問
      7. 手続案内及び各種書式
      8. 関連サイトへのリンク
    8. オンライン手続き
      1. 保管金の電子納付について